全ては巡ってうまくいく【トーラスクリエイション】

ココロすっきり☆カラダすっきり

肉体は有限

人の気持ちは一瞬で変わる。言葉はいつでも覆される。所詮そんなものだ。期待する方が間違ってる。そんなやさぐれた自分がいる。やさぐれるまでには散々イタイ目に遭ったからなのだが、そのうち自分がこれ以上傷つかないよう自分を守るために人間不信になった。この状態がレギュラー。ここをスタート地点にすると世の中まだまだ捨てたもんじゃないと想える明るい現実があることに気づける。小さなことでも感謝できる。

最近人々は疲れている。疲れ果てている。そんな状態で幸福感を味わえと言う方がそもそも無理な話し。素直な下向き後ろ向きならまだいい。それが一週廻って憎悪になるともはや手の施しようがない。無意識に他人を陥れたり他者批判することで自分を維持する。他者を巻きこむのは自分の人生を生きていない現われなのだが、自分を守り維持するためだから先方も譲れない。必死に他者批判することで己の存在価値を見い出す。

なんで人は大きくなりたがるのかな。子供の頃に「大きくなれよ」と言われたのが根本だろうか。別に大きくなくてもいんじゃない?等身大であれば、そのまんまで。無理にハードル上げて苦しくなるのもまた自分。

大きくなるのは簡単じゃない。自分の枠を超えることは「無理をする」以外の何物でもない。無理をすることって負担でしかない。それを弱音を吐かず人のせいにもせず無理をして意地を張り続けると約束ができるのか。わたしは精神世界にも興味深く関わってはいるけれど所詮ここは物質の世界。原因ありきの結果でしかない。大事なことだからもう一度。わたしたちは原因を作らなければ結果は出ない世界に生きている。願えば叶うとか祈りは届くという簡単な図式は成立しない。願えばそれなりの行動が必要で、祈れば相応のアクションも必要。それがあって現実が動き始める。いくら精神世界に心酔しても、自分は動かず、自分の手を汚さず、成せるはずがない。想いは現実を創る一歩にしか過ぎない。二歩目を続けなければ進めない。そのためには体力も必要になってくる。年齢や環境を言い訳にするのもいい。しかしその先はない。言い訳をした自分という原因が作った結果は、、あえて言うまでもないだろう。肉体は有限。滅び朽ちてしまったら終わりだから。

現状維持も悪くない。リスク覚悟のチャレンジも悪くない。「僕らの目指す未来は選択の連続。どう進むかなんて自分次第。」滝&翼先生もそう歌っておりまする。つまりあるうちにカラダは使えってこと。ちゃんちゃん。