全ては巡ってうまくいく【トーラスクリエイション】

トーラスクリエイションは循環を創造します

「学ぶ」というスタイル

ええっと、文体がちょっと変わります。これまではただ想いをつらつらと書き並べてきて、読む人がいてもいなくても、どっちでもいいやってスタイルを貫いて、しばらく書きたいことを書きたいように書いてきました。いよいよ今年も本格スタートするに当たって、読んで欲しい方に向けて書くことにすると、ちょっとこれまでの文体では投げやりになってしまうのでスタイルをちょっと変えます。この記事は今これを読まれている"あなた"に向けて書いています。

さて、絶賛ルノルマン講座の作り直し中です。基本は同じ。なんですけど、もうちょっと進化させてます。なぜなら進化形ルノルマンリーディングが誕生したから。これまであやふやだったことにもキチンと意味をつけられるようになってます。わたしにすれば「やっと解禁!」というような気持ちです。たとえば、わたしの講座には「なぜテキストが存在しないか」。超簡単なレジュメは作ってありますが、いわゆるテキストは作ってません。それが、手抜きしてる!と思われたり、いい加減だ!と思われたり、散々だったわけですが、これにもちゃんと意味があって。そもそもスクールプリンシパルによるルノルマン講座もテキストというものは存在しません。未来志向のルノルマンスクールは「学ぶ」というスタイルにも従来の形には捉われない、自由なスタイルを重視していますからね。

みなさんは「学ぶ」とか「知識を得る」というと、どうすることを連想しますか?年々記憶力が衰えて自信ないわー、とか、はぁ、全部覚えられるかなぁ?とプレッシャーに感じて憂鬱になる方もいらっしゃったのでは?ルノルマンリーディングの軸となる「5次元思考」では「勉強すること=覚えること」と定義していません。それはもう古いスタイルで未来志向のルノルマンシビルには向いてない。では学ぶのは何?と言えばズバリ「応用力」を身につけることです。では「応用力」って何でしょう?

応用力とは。

デジタル大辞泉

すでに得た知識を使って、新たな事柄に対応する力。与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する力。→リテラシー

はい。上記の通りです。つまり「活用する力」なんですね。知識を丸暗記して難しい専門用語を使いこなす、知識の横流しではないのです。以前の講座でお話したことがあるんですが「気づきの目録」というお話もしてきました。あとこんなお話もしてきました。わたし達は幼少期から「右へならえ」を叩き込まれて成長する、と。みんなと同じ。はみ出たらダメ!と叱られる。個性というものを散々否定され続ける義務教育を受けて育った日本人は根底から奴隷民族でもあるわけです。だってしょうがない。戦争に負けましたから。だけど年々人類が進化して脳の構造そのものが変化する今の時代に、そうしてるとどんどん精神疾患を訴える人が増えてきています。もう合わないんですね。今の人たちに。今の世の中に。今の時代に。子供たちに明るい希望を自由に思い描ける世の中をプレゼントしたいなら、今わたし達が変化しておくタイミングなのだと思うのです。ですから、従来の型にはまりません。みんながみんな同じ服を着て、同じメイクをして、同じ髪型をして、個性を封印する生き方から、一人一人の個性こそタカラモノとして認めていく生き方にシフトする時代に。未来創造のルノルマンカードを学ぶことで「応用力」や「対応力」を身につけ、明日何が起きるかわからないの世の中を、不安なく振り回されることなく自分らしく変幻自在な柔軟性を持って生きていけるように。フランス革命の混乱した時代を強く賢く、時に強かに、生き抜いたマドモアゼルルノルマンのスピリットを共に学んでいきましょう。「正しくあろう」という意識を叩き壊していきますので楽しみにしていてください(ニヤリ)

ルノルマン講座に続き、サイヴォーグメソッドで「自分で自分を元気にできる人」の講座も予定しています。一つ前のブログに書きました。何のために講座をするのか。「自由に楽しく自分を生きる仲間を増やしたいから」です。それに必要なのが元気と笑顔と幸せ。自分でそれを創れる人になりたくなったらいつでも声かけてください。HPのお問合せ窓口をコチラに貼っておきますので、お気軽にご連絡お待ちしています。