全ては巡ってうまくいく【トーラスクリエイション】

ココロすっきり☆カラダすっきり

ルノルマンピケで自己解放したら

初めてワンピースを買いました。そして何十年ぶりにワンピース着ました。ていうかワンピ着たのって子供の頃以来かも(喪服除く)。自分で買うことなかったなぁ。絶対自分には似合わないと信じてたから。

前記事でカラー診断受けて、それまでに自分の内に根深く巣食っていた「美への弾圧」を解除するアレコレやって、その結果!と言っても過言ではない。半世紀生きて、ようやく解放された自分。ほうれい線が隠せないお年頃ではあるけど、それでもまだお洋服も楽しめるメンタルで良かった。ちょっとくらいお袖から前足(!)が見えててもストールで隠せる技を駆使すれば何とかなる。若さが全てを赦してくれる年代でオシャレを楽しめなかったのは残念だけど、それでもよかった。このまま人生を終えなくて。

思えば本当に周りのみなさんに応援していただいた。師匠の「垢抜けなきゃダメ!」の一言をきっかけに、初めてのダブルカラー、メイクはmimiさんに実践付でやり方教えてもらったり、ホントもう手のかかるアラフォーでした。ええ、「でした」。もう過去形です。

自分を魅せる、というテーマに取り組むに当たって、もう一つ、その道のプロである芸能人を勝手に師と仰ぎました。モデルさんとかアイドルとか多くの人たちの憧れと羨望の眼差しを受けてなお、臆することなく光り輝く人たち。それがきっかけでジャニヲタになった経緯もあるんですけど(笑)プロのアイドルさんたちも実はコンプレックスの塊だったりするんですよね。だからこそ日々努力をして自分を丸ごと商品に仕上げ、売るという、わたしには到底程遠い世界だったんですけど。ほんといい勉強になりました。どの世界でも第一線で活躍し続けるプロ中のプロは本当にカッコいい。そして、そういう方々とご一緒に過ごす空間は、それだけでいい氣で充たされている。

f:id:nagomi0716:20180421183741j:image

小宮ベーカー純子著「ルノルマン・ピケ~未来を描くグランタブロー~」の出版記念パーティーに参加してきました。人生初!と言っても過言ではないドレスコードはスマートエレガンス。自分で自分をプロデュースする。イメージして着飾る。JUJUさんにも、パートナーのKENちゃんにも「えりちゃん似合うよ!」と言っていただけて素直に嬉しかったです。やっとなりたかった、新しい自分に出会えたよう。神戸ハーバーランドの夜景と美味しいお料理を堪能し、お久しぶりでお会いするお仲間さんも、みなさんそれぞれにご活躍されていて、とてもいい刺激をいただきました。

わたしがルノルマンピケで自己解放して、他にもいろいろ向き合って、やっと手にした自由は「なりたい自分になる」でした。それは同時に思い込みや縛りから解放されて自由に自分を楽しむこと。

あなたの「なりたい自分」は、どんな自分ですか?

きっとルノルマンピケは後押しをしてくれると思います。

 

改めてスクールプリンシパルのJUJUさん、mimiさん、待望のルノルマンピケのご出版おめでとうございます。わたしがずっと欲しくて願った自由を手に入れた喜びを、ルノルマンカードと共に歩んだ今日までの3年間を振り返りながら、今後の講座で、また、お話会やお茶会でシェアしていこうと思います。そして、もっともっとわたしの周りで「自由」を楽しめる紳士淑女が増えていく未来を、クリエイトしていきます☆